《ミニコラム》The December Country ~12月は黄昏の国~ …年の瀬、そして新しい年に寄せて…

《ミニコラム》 The December Country ~12月は黄昏の国~ …年の瀬、 そして新しい年に寄せて…    皆さまこんにちは。  めとろんです。  年の瀬を、いかが過ごされていますか?  うちに来て、ちょうど1年のトイプードル、まるが部屋を走り回っています。(笑)  今回は、時の経過なるものへの、愛おしさと哀しみを胸に、この日をともに過ごしたいと思います。…そう、こんな時は、レイ・ブラッドベリ(1920-2012)の作品をどうぞ。

続きを読む

ENTER LIEUTENANT FUKUIE 福家警部補の挨拶(2014)《 Revised Edition 》…

ENTER LIEUTENANT FUKUIE 福家警部補の挨拶(2014) 《 Revised Edition 》 ソフト化熱望! ~倒叙ミステリ・ドラマの  新たな地平を拓いた、傑作TVシリーズ~  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  今回は、大倉崇裕氏原作の傑作倒叙ミステリ小説を、果敢に映像化した『福家警部補の挨拶』(2014)をご紹介します。

続きを読む

《ミニコラム》RADIO DELICATESSEN ラジオ・デリカテッセン ~ミステリ・ラジオドラマの世界~

《ミニコラム》 RADIO DELICATESSEN ラジオ・デリカテッセン ~ミステリ・ラジオドラマの世界~    皆さま、こんにちは。  めとろんです。  アガサ・クリスティーの原作を、見事に翻案した『名探偵 赤富士鷹』シリーズの、藤本有紀脚本である、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』も、ラジオ番組をその根幹に据えた作品と知り、固唾を呑んで観守りつつ、現在に至る。  僕とラジオドラマの出会いは、TBSラジオ「夜はともだち」枠の、ラジオ劇画シリーズで『マカロニほうれん荘』、また『ブラック・ジャック』(ブラック・ジャック役は岸田森!)、『少年の町ZF』、『750ライダー』等を、聴いていたことに遡る。  今回は、僕が聴くことができたラジオドラマ作品の中でも、印象深い作品について、気楽にお話したいと思います。  尚、今回の記事の、RADIO DELICATESSEN(ラジオ・デリカテッセン)というタイトルは、僕が愛する、一色進氏率いるバンド「タイツ Tights」の名盤('89)からインスパイアされています。  ※(注)この記事は、お気に入りの作品が増える度に、更新される可能性があります。

続きを読む

《ミニコラム》シリーズ 脚本/シナリオを読む。(5 最終回)The Thin Man Who Disappeare…

《ミニコラム》 シリーズ 脚本/シナリオを読む。(5 最終回) The Thin Man Who Disappeared YESTERDAY ~昨日消えた、影なき男~  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  「シリーズ 脚本/シナリオを読む。」(5 最終回)は、小國英雄脚本、マキノ正博監督の『昨日消えた男』(’41)です。

続きを読む

《ミニコラム》シリーズ 脚本/シナリオを読む。(4)七人の刑事 ~高度経済成長から取り残された、社会の暗部を撃つ~

《ミニコラム》 シリーズ 脚本/シナリオを読む。(4) 七人の刑事 The Seven Detectives ~高度経済成長から取り残された、           社会の暗部を撃つ~  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  「シリーズ 脚本/シナリオを読む。」(4)は、かの有名なTVシリーズ『七人の刑事』から、光畑碩郎・脚本「剥製の女」、早坂暁・脚本「女が死んだ」、佐々木守・脚本「白い少女」です。

続きを読む

《ミニコラム》シリーズ 脚本/シナリオを読む。(3)THE FRONTLINE OF SPECIAL INVEST…

《ミニコラム》 シリーズ 脚本/シナリオを読む。(3) THE FRONTLINE OF SPECIAL INVESTIGATIONS 特捜最前線 ~脈動する、魂のロジック~ 付録:『特捜最前線』鑑賞記録   皆さま、こんにちは。  めとろんです。  「シリーズ 脚本/シナリオを読む。」(3)は、『特捜最前線』長坂秀佳氏の脚本による傑作エピソード、「殉職Ⅰ 憎しみの果てに、愛!(放送タイトル 殉職Ⅰ・津上刑事よ永遠に!)」、「殉職Ⅱ 帰らざる笑顔!」です。

続きを読む

《ミニコラム》シリーズ 脚本/シナリオを読む。(2)『最後の自画像』(’77)~女たち、そして男たち~

《ミニコラム》 シリーズ 脚本/シナリオを読む。(2) 最後の自画像(’77) 松本清張原作/向田邦子脚本 ~女たち、そして男たち~  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  「シリーズ 脚本/シナリオを読む。」(2)は、原作・松本清張、脚本・向田邦子の『最後の自画像』(’77)です。

続きを読む

《ミニコラム》シリーズ 脚本/シナリオを読む。(1)『羅生門』('50)~終末的都市に佇む人々~

《ミニコラム》 シリーズ 脚本/シナリオを読む。(1) 羅生門('50) ~終末的都市に佇む人々~  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  この度、松井和翠氏のお誘いで、『非実在探偵小説研究会』弐拾弐號 の「和翠の図書館 第三回 「脚本・シナリオ編」座談会に、映像ミステリに造詣の深い砂時計様とともに、光栄にも参加させて頂きました。松井和翠氏の絶妙なリードによって、大変に心地好い座談会でした。松井様、砂時計様の、膨大な知識と映像ミステリへの怒涛の愛に、押し流されながらも、何とかしがみつきお話した次第です。  心より、感謝しております。ありがとうございました。

続きを読む