《ミニコラム》 The Grand Tour(’91) グランド・ツアー C・L・ムーアの傑作短編『ヴィンテージ・…

The Grand Tour(’91) グランド・ツアー C・L・ムーアの傑作短編   『ヴィンテージ・シーズン』への「反論」 《ミニコラム》  皆様こんにちは。  めとろんです。    今回は、ミステリ映画とは言い難いのですが、ヘンリイ・カットナーとC・L・ムーア夫妻の別名義、ロレンス・オダネル(実質、ムーアの手によるものと言われる)の「ヴィンテージ・シーズン」が原作の時間SF、ジェフ・ダニエルズ主演『グランド・ツアー』(’91)について、思いつくところを少々、エッセイ風に、綴っていきたいと思います。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(44)いとしのチャーリー My Sweet Charlie(’70)朽ちた「灯…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(44) My Sweet Charlie(’70) いとしのチャーリー 朽ちた「灯台」から、     「差別」で分断された世界を眺める  皆様、こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、国内におけるソフト化を強く訴えたい、混迷する現代にこそ、ひとつの光明となるような傑作、『My Sweet Charlie いとしのチャーリー』(’70)をご紹介したいと思います。

続きを読む

《ミニコラム》死との約束(2021)【三谷幸喜×クリスティー 名探偵勝呂シリーズ】 

アガサ・クリスティー 原作 三谷幸喜 脚色 死との約束(2021) 《ミニコラム》  皆様こんにちは。  めとろんです。  去る3月6日(土)21:00~23:40、「土曜プレミアム」枠で放送された、アガサ・クリスティー原作、三谷幸喜氏による脚色の『死との約束』の感想を、簡単に述べてみたいと思います。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(43)TVムーヴィー Prescription: Murder('68)殺人処…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(43) TVムーヴィー Prescription: Murder('68) 殺人処方箋 ピーター・フォーク=コロンボ警部補登場!  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、TVムーヴィー版『Prescription: Murder殺人処方箋』(‘68)をご紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(42)Nothing Ever Happens in Linvale('63)…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(42) Nothing Ever Happens in Linvale('63) 落とし穴 ヒッチコック『裏窓』的、傑作サスペンス! The Alfred Hitchcock Hour  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、The Alfred Hitchcock Hour(ヒッチコック・アワー)の第2シーズン第6エピソード、「Nothing Ever Happens in Linvale 落とし穴」をご紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(41)舞台劇 Prescription: Murder 殺人処方箋 トーマス・…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(41) 舞台劇 Prescription: Murder('62) 殺人処方箋 トーマス・ミッチェル=コロンボ警部補登場!  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、彼らのキャリアのエポックとなり、後のTVシリーズ「刑事コロンボ」の起点のひとつとなった舞台劇、『Prescription: Murder殺人処方箋』をご紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(40)審判の下る日 The Alfred Hitchcock Hour 「倒叙…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(40) Day of Reckoning('62) 審判の下る日 「倒叙ミステリ」への、シニカルなアンチテーゼ The Alfred Hitchcock Hour  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、The Alfred Hitchcock Hour(ヒッチコック・アワー)の第1シーズン第10エピソード、「Day of Reckoning 審判の下る日」をご紹介します。

続きを読む

《ミニコラム》 黒井戸殺し(2018) 【三谷幸喜×クリスティー 名探偵勝呂シリーズ】第三弾『死との約束』放映記念

アガサ・クリスティー 原作 三谷幸喜 脚色 黒井戸殺し(2018) 【三谷幸喜×クリスティー 名探偵勝呂シリーズ第三弾】 『死との約束』放映記念 《ミニコラム》  皆様こんにちは。  めとろんです。  来る令和3年3月6日(土)、フジテレビ「土曜プレミアム」枠で、【三谷幸喜×クリスティー 名探偵勝呂シリーズ第三弾】『死との約束』がいよいよ放映されるとのこと。  あら嬉しや、この機会に、2018年4月に放映された『黒井戸殺し』について少々、《ミニコラム》として、思いつくままに、エッセイのような形で、お話してみたいと思います。 【 今回は、『黒井戸殺し』と『刑事コロンボ/二枚のドガの絵』のネタバレを含みます。恐れ入りますが、未見の方は、御遠慮頂きたいと思います。 】

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(39)Captive Audience('62)ある殺人計画 The Alfr…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(39) Captive Audience('62) ある殺人計画 『蔵の中』的、メタフィクショナルな前衛殺人劇 The Alfred Hitchcock Hour  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、The Alfred Hitchcock Hour(ヒッチコック・アワー)の第1シーズン第5エピソード、ジェームズ・メイスンとアンジー・ディキンソンが共演した、メタフィクショナルな殺人劇、「Captive Audience」をご紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(38)Murder Case('64)独り舞台 The Alfred Hitc…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(38) Murder Case('64) 独り舞台 ジョン・カサヴェテス&ジーナ・ローランズ共演! The Alfred Hitchcock Hour  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、The Alfred Hitchcock Hour(ヒッチコック・アワー)の第2シーズン第19エピソード、ジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズが夫婦共演した、「Murder Case(独り舞台)」をご紹介します。

続きを読む