《ミニコラム》 ダイヤルMを廻せ! Dial M for Murder フレデリック・ノット(論創社) 

ダイヤルMを廻せ! Dial M for Murder フレデリック・ノット 圭初幸恵・訳(論創社) 《ミニコラム》  皆様こんにちは。  めとろんです。  今回は、誠に遅ればせながら、2018年に出版された、倒叙ミステリ戯曲の傑作『ダイヤルMを廻せ!』の台本をご紹介します。

続きを読む

めとLOG 15th ANNIVERSARY 刑事コロンボの帰還(二見書房)

めとLOG 15th ANNIVERSARY 刑事コロンボの帰還(二見書房) 山口雅也 総指揮 菊池篤 構成 皆様こんにちは。 めとろんです。  2006年2月15日に、第一回目の記事を投稿して以来、本年2月でこのブログは15周年を迎えます。まずは、今までこのブログにお越し頂いたすべての皆様に、御礼申し上げます。  大変に、ありがとうございました!  さて、少し前の話になりますが、昨年10月、『刑事コロンボ』のノヴェライズ小説でお馴染みの二見書房さんから、山口雅也氏の総指揮、菊池篤氏の構成によって、シリーズの全作解題や評論、そしてパスティーシュ数編を掲載した、ヴァラエティに富んだ一書、『刑事コロンボの帰還』が出版されました。今後の、『刑事コロンボ』評論の、新たなひとつのメルクマールとして、重要な一冊であると、楽しく拝読しました。  その中の、菊池篤氏がレヴィンソン&リンクの出会いからコロンボ誕生までを綴られた『名コンビが「名刑事」を生みだすまで』で、このブログの以下、 R・レヴィンソン&W・リンクの世界 (15)“WHISTLE WHILE YOU WORK”"口笛吹いて働こう" (26)身の上相談('63) Dear Uncle George  …に、おける分析を「引用」(中邑孝雄名義)してくれています。  少年時代から、ノヴェライズ小説を追い求めた二見書房さんのコロンボ本ということで、とても、光栄で嬉しい出来事でした。  …

続きを読む

銀幕のファイロ・ヴァンス(3) The Bishop Murder Case('29)僧正殺人事件 〜「大量殺人の…

銀幕のファイロ・ヴァンス(3) The Bishop Murder Case('29)僧正殺人事件 The Bishop Murder Case('29) 僧正殺人事件 〜「大量殺人の時代」の予感〜  皆様、こんにちは。  めとろんです。  今回は、久しぶりにシリーズ「銀幕のファイロ・ヴァンス」。S・S・ヴァン・ダインの『僧正殺人事件』を映画化した『The Bishop Murder Case』('29)を御紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(37)Two on a Bench('71)(ベンチのふたり)パティ・デューク…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(37) Two on a Bench('71) (ベンチのふたり) パティ・デューク主演のスパイ・コメディ  皆様、こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  今回は、レヴィンソン&リンクが挑んだコメディ(!)TVムーヴィーである、『Two on a Bench』(1971 ベンチのふたり)を、ご紹介します。

続きを読む

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(36)ギルティ・コンサイエンス('85) アンソニー・ホプキンス主演!「本格ミ…

R・レヴィンソン&W・リンクの世界(36) Guilty Conscience('85)  ギルティ・コンサイエンス アンソニー・ホプキンス主演! 「本格ミステリ三部作」の掉尾を飾る実験作  皆様こんにちは。  めとろんです。  かの有名な「刑事コロンボ」の原作者、ウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの作品を、ぼくの感想をまじえてご紹介する「W・リンク&R・レヴィンソンの世界」。  『殺しの演出者』(1979)、『殺しのリハーサル』(1982)と並ぶウィリアム・リンク&リチャード・レヴィンソンの「本格ミステリ三部作」のラストを飾る傑作TVムーヴィー、『ギルティ・コンサイエンス』(直訳すれば「やましい心」「後ろめたい心」)。  このブログの軸となる、「R・レヴィンソン&W・リンクの世界」の劈頭を飾った記念すべき第1回目の作品、『ギルティ・コンサイエンス』を今一度、改めて見つめてみたいと思います。

続きを読む