THE NiNe MiLE WaLK 9マイルは遠すぎる(短編映画 2003)

《ミニコラム》 THE NiNe MiLE WaLK 9マイルは遠すぎる(短編映画 2003)  皆さまこんにちは。  めとろんです。  Twitterを終了して、約1年が経ち、長男の2度の手術と2か月の入院、じつに13年越しのイベントが終わりました。父の死から間もなく、大切な先輩の死もありました。  思うところあり、恥ずかしながら、この度、Twitterアカウントを、復活することにしました。当ブログ、Facebook共々、よろしくお願いいたします。

続きを読む

Edward D. Hoch’s McMillan and Wife エドワード・D・ホックの『署長マクミラン』

Edward D. Hoch’s McMillan and Wife エドワード・D・ホックの『署長マクミラン』  皆さま、こんにちは。  めとろんです。  新型コロナ・ウィルスの第三派襲来と、緊迫した情勢の中、相も変わらずマイペースの当ブログ、今回は、エドワード・D・ホック氏の短編小説を原作とした、TVシリーズ『署長マクミラン』McMillan and Wife(1971-77)の3エピソードについて、気楽に語ってみたいと思います。  ロック・ハドソンがダンディな警察署長に扮し、美しい素人探偵の妻サリー(スーザン・セント・ジェームス、後に降板)と、数々の難事件を解決。ここに、『名探偵登場』(1976)のナンシー・ウォーカー演じる、家政婦ミルドレッドが絶妙の活躍をする仕掛けも心憎い。     弁護士であるマクミランが、異例の署長に就任!であり、ある意味、浮世離れした彼が関わる事件の数々は、裁判劇としての特質も取り込んだ(特に初期)このシリーズ。 『刑事コロンボ』や『警部マクロード』と同じく、「NBCミステリ・ムーヴィー」枠で放送されたシリーズであり、脚本は、ピーター・S.フィッシャー、ウィリアム・ドリスキル、ハワード・バーク、スティーヴン・ボチコ…と『刑事コロンボ』の名作群を支えた面々が顔を揃えています。スーザン・セント・ジョーンズさんも可愛くて、ぜひ全編観てみたい…と思わせる魅力に満ちています。

続きを読む